9月は学会発表

9月の最初は学会の発表会。先週は秋葉原で人間工学会アーゴデザイン部会で僕も含めて3人が発表。今日から茗荷谷で始まった感性工学会では僕も含めて5人が発表。みなさんからいろいろな刺激をいただいています。
(人間工学会アーゴデザイン部会での発表)
・対話システムのデザインアプローチ(1) 対話システムの価値の抽出、長野彩乃, 加藤怜, 中山立輝, 山崎和彦, 矢崎 智基
・体験とモチベーションを対応を活用したデザインアプローチ、山崎 和彦、福地悠人
・色彩による感性コミュニケーションの研究、張白鈺, 山崎和彦


(感性工学会での発表)
・人間中心設計を基本としたデザイン思考(2)リフレーミングの活用、郡祐太郎,山崎和彦
・地域実態を把握するためのインタビュー手法、トゥムルハドゥールウーレン,山崎和彦
・人間中心設計を基本としたデザイン思考(3)カスティリオーニとリフレーミング、山崎和彦
・非専門家が直面する文脈におけるデザインの課題、浅野花歩。山崎和彦
・千葉県民が食育を楽しみ学ぶためのサービスの提案、山下杏子、山崎和彦

コメント

人気の投稿