IoT製品企画開発のためのUX設計のセミナー 参加者募集

組み込み技術総合技術展(ESEC) にて下記のセミナーの講師を、NECの河野さんと一緒に担当することになりました。興味がある方は、ぜひご参加ください。

■タイトル:IoTイノベーションを起こすために、重要性が増すUX(User Experience)設計
■日時:5/13[金] 9:30~12:20
■場所:東京ビックサイト
■詳細および申し込み:http://www.esec.jp/haru/seminar/#ES-4


=========================
■タイトル:これからのIoT製品企画開発のためのUX設計の導入と活用
■講師:山崎 和彦(千葉工業大学先進工学部 知能メディア工学科教授)
■概要:これからのIoT製品企画開発を検討する上で、ユーザーエクスペリエンス(UX) のアプローチは不可欠である。IoT製品ではハードウェアとソフトウェアという技術とこのUXというアプローチが必要である。UXという視点での調査・分析、企画、設計、評価について解説するとともに、どのようにこのアプローチを企業に導入して活用するのかについて解説する。

■詳細:
1. 人間中心設計とユーザーエクスペリエンスの基本
 1-1 人間中心設計とは
 1-2 人間中心設計の手法
 1-3 ユーザーエクスペリエンスとは
 1-4 ユーザーエクスペリエンスの手法
 1-5 ユーザーエクスペリエンスの事例
2. IoTとユーザーエクスペリエンス
 2-1 IoTとユーザーエクスペリエンスの事例
 2-2 IoTのサービスとユーザーエクスペリエンス
 2-3 IoTのハードウェアとユーザーエクスペリエンス
 2-4 IoTのソフトウェアとユーザーエクスペリエンス
 2-5 IoTとデータ活用とユーザーエクスペリエンス
3. これからのものづくりとユーザーエクスペリエンス
 3-1 ビジョンとユーザーエクスペリエンス
 3-2 コンテクストとユーザーエクスペリエンス
 3-3 組織とユーザーエクスペリエンス
 3-4 ユーザーエクスペリエンスの導入
4. まとめ

■講演者プロフィール
京都工芸繊維大学卒業、2002年博士(芸術工学)号授与、2003年日本IBM(株)ユーザーエクスペリエンスデザインセンター・マネージャー(技術理事)、2006年東京大学大学院博士課程満期退学、2007年より現職。人間中心設計機構副理事長、日本デザイン学会評議員。大学教育と人間中心設計やデザインに関わるコンサルティングに従事。おもな著書は「使いやすさのためのデザイン」。iF賞、IDEA賞など国際的なデザイン受賞多数。2015年Smile Experience Design Studio設立。

=========================
■タイトル:UXから考える製品・サービス設計の勘所
■講師:河野 泉(日本電気(株)事業イノベーション戦略本部 デザインセンター クリエイティブマネージャー)
■概要:
IoTの時代には、製品単体ではなくサービス全体を捉え、提供者(企業)と利用者(顧客)の価値共創を考えることが重要である。そのためには、利用者体験(UX)から考えて設計・開発することが必要である。現場へUXを適用するためのプロセスや手法を具体的な事例を交えながら紹介する。

■詳細:
1. IoT時代におけるデザイン
 1. プロダクトからサービスへのシフト
 2. 利用体験(UX)からの発想
2. UX向上のための考え方・手法・プロセス
 1. 考え方 ~HCDとデザイン思考~
 2. デザイン手法
 3. デザインプロセス
3. UXの適用事例

■講演者プロフィール
1991年NEC入社。研究開発部門にて、ヒューマンインタフェースの研究に従事。2009年よりユニバーサルデザイン、人間中心設計のNEC全社の推進活動に従事。人材育成や人間中心設計を適用した製品開発プロセス整備などを行う。2015年より事業イノベーション戦略本部デザインセンターにて、製品/サービスのユーザーエクスペリエンス向上の実践、知識化、情報発信等を行っている。HCD-Net認定人間中心設計専門家。人間中心設計推進機構理事、情報処理学会会員、日本デザイン学会会員。工学博士。

==================
■セッションリーダー
桑原 一悦(日本電気(株)グローバルプロダクト・サービス本部主席主幹 兼 組込みビジネス営業本部 事業主幹)

コメント

人気の投稿