ヤマケン展2016 参加募集

今年も山崎研究室の1年の活動を紹介するイベントを開催します。

産学プロジェクト、修士研究、卒業研究、演習作品などの作品展示と研究発表をします。ユーザーエクスペリエンスデザイン、情報デザイン、インタフェースデザイン、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、サービスデザインなど多様な分野の作品や研究があります。

また、それぞれの分野の講師をお招きして、特別講演「みらい思考の活動」と「体験と戦略」という二つのイベントも企画しました。また、オープニングパーティでは参加者が楽しんでもらえるような企画も検討しています。東京駅からも便利な場所ですので、多くの皆様のお越しをお待ちしています。


■タイトル:ヤマケン展2016
■日時:2月26日(金)14:00-20:00、 2月27日(土)10:00-17:00
■場所:内田洋行 ユビキタス協創広場 CANVAS(中央区新川2-4-7)
・地下鉄八丁堀より徒歩4分、茅場町より徒歩5分
・東京駅八重洲口よりタクシーで5分
■主催:千葉工業大学・山崎研究室
    Smile Experience Design Lab.
■協力:(株) 内田洋行、パワープレイス(株)
■展示内容:修士研究、卒業研究、プロジェクト等
■Webサイト:ヤマケン展2016


■2月26日(金)14:00-20:00 研究作品とプロジェクトの展示
14:00-14:40 3年生の演習授業発表 ①
14:40-16:10 産学プロジェクト発表
16:10-18:00 特別講演「みらい思考の活動」
□若杉浩一(パワープレイス(株)デザインシニアディレクター)
□山崎和彦(千葉工業大学・教授)
18:00-20:00 オープニングパーティー

■2月27日(土)10:00-17:00 研究作品とプロジェクトの展示
10:00-11:00 3年生の演習授業発表 ②
11:10-12:10 卒業研究発表
12:10-13:00 大学院研究生発表
□「IBM社のデザイン思考と活動 (仮)」柴田栄喜(日本IBM)
13:00-14:40 特別講演「体験と戦略」
□「サービスデザインの活動(仮)」黒坂普((株)コンセント)
□ 「グッドパッチ社のUXの活動(仮)」村越悟((株)グッドパッチ)
□「UX思考とビジョン戦略」山崎和彦(千葉工業大学)
14:40-17:00 修士研究発表

==========================
2月26日(金)の詳細発表内容

■14:00 3年生の演習授業発表 ①
□飛塚 慎太郎 「身体を動かし若さを実感するトレーニングデバイスの提案」
□大橋 茉保 「個人のペースに合わせて美容をサポートするデバイスの提案]
□神門 梢 「正しい入浴法デバイスの提案」
□川島 大輝 「目の錯覚を利用した無理をせずダイエットを可能にするARメガネの提案」
□高野 菜々美 「自宅の鏡で音楽と香りの癒しお肌ケアの提案」
□山下 杏子 「友達とレシピを共有するデバイスの提案」
□森山 恵菜 「洗濯の時間の暇つぶしをするデバイスの提案」

■14:40-16:10 産学プロジェクト発表
□スマイル・イノベーションプロジェクト(ロフトワーク)
□HAKONEプロジェクト(箱根湯本ホテル)
□Meshプロジェクト(ソニー)
□CITブランド体験プロジェクト(佐倉市立美術館、千葉工業大学)
□UCHIDAプロジェクト(内田洋行、栃木ダボ)
□Tsunagiプロジェクト(東新製作所、クリナップ)
□航空管制プロジェクト(電子航法研究所)

■16:10-18:00 特別講演「みらい思考の活動」
□若杉浩一(パワープレイス(株)デザインシニアディレクター)
□山崎和彦(千葉工業大学・教授)

■18:00-20:00 オープニングパーティー

==========================
2月27日(土)の詳細発表内容

■10:00-11:00 3年生の演習授業発表 ②
□鳥居 健 「津田沼イオンについつい足を運びたくなるアプリの提案」
□星 武瑠 「高齢者のためのアプリ提案」
□植竹 裕太 「カタログを通して楽しい時間を届けるアプリの提案」
□小笠原 直人 「高齢者向けの買い物相談サービスの提案」
□飛塚 慎太郎 「ポストを使った高齢者の見守りサービスの提案」
□大橋 茉保 「特産物を身近に感じる宅配サービス」
□北澤 遥香 「地域の人達と交流を楽しむためのイベント企画のwebサイト提案」
□稲垣 葵衣 「時間を有効的に使うアプリの提案」
□田部井 若菜 「一人暮らしの人のためのアプリの提案」
□神門 梢 「習志野市の職業体験サービスの提案」
□川島 大輝 「イオンの多方面事業を利用した職業体験サービスとアプリの提案」
□高野 菜々美 「手紙で家族と繋がるきっかけができるアプリの提案」
□山下 杏子 「子どもたちの市への意見が分かるサービスの提案」
□染谷 翼 「IOTポストによる高齢者見守りサービス」
□森山 恵菜 「切手サービスの幅を広める新たなサービスの提案」

■11:10-12:10 卒業研究発表
□市川 毅 「周囲の人も参加できるバーチャルリアリティ体験の提案」
□折田 まどか 「母親が絵を描くのが楽しくなる為のデザインの提案」
□加藤 怜 「駅でブランド体験が出来る広告の提案」
□川添 徹也 「大学生が楽しく前向きにコミュニケーションを取るためのデザイン提案」
□京田 貴大 「野球観戦を楽しむためのデザイン提案」
□郡 祐太郎 「普段見る事ができない一瞬を楽しむためのデザイン提案」
□鈴木 大輝 「松戸市のシティプロモーションの為のデザイン提案 ~まつどコスプレ写真館~」
□田中 大貴 「映像表現を活用した、誰でも楽しめるメディアアートの提案」
□田村 駿 「紙媒体と電子媒体の連携 ーデジタルイラスト制作初心者へ向けた、手引書のデザインを例としてー」
□永田 翔香 「緊張を楽しむためのデザイン提案」
□長野 彩乃 「学年間交流のためのサービスデザインの研究 夏のデザイン体験」

■12:10-13:00 大学院研究生発表
□「IBM社のデザイン思考と活動 (仮)」柴田栄喜(日本IBM)

■13:00-14:40 特別講演「体験と戦略」
□「体験と戦略(仮)」黒坂普(コンセント)
□ 「グッドパッチ社のUXの活動(仮)」村越(グッドパッチ)
□「UX思考とビジョン戦略」山崎和彦(千葉工業大学)

■14:40-17:00 修士研究発表
□高橋 孝仁「目的達成と継続のためのゲーミフィケーションの研究」
□福地 悠人「コンテクストに応じて変化するユーザーインタフェースのデザインアプローチの研究」
□丸山 剛「IoTを考慮したプロトタイピングの研究」
□伊藤 孝幸「ユーザー体験を考慮したプロジェクションマッピングを用いたプロトタイプ手法に関する研究」
□木内 孝昌「社会環境を考慮したデザインアプローチの研究」
□T. ウーレン「文化特性を考慮したブランド体験をつくるためのデザインアプローチの研究」
□中田 成人「ブランド体験のための視覚表現の研究」
□長塩 真也「航空業務における操作のためのユーザインタフェースデザインの提案」
□趙 雪陽「公共交通機関における情報デザインアプローチの研究」

コメント

人気の投稿