出版記念「プロダクトデザイン教育フォーラム」参加募集

●タイトル:出版記念「プロダクトデザイン教育フォーラム」
●趣旨:デザイン思考という言葉に代表されるように、多用な分野でのデザインの活用が進められてきています。その場合に直面する課題のひとつはデザイン教育があります。

今回、書籍『プロダクトデザインの基礎』発行記念として、「プロダクトデザイン教育」をテーマにフォーラムを開催します。慶応義塾などでもデザイン教育経験も豊富な坂井直樹さんに基調講演をお聞きして、デザイン教育関連者でのパネルディスカッションします。また、この本の購入の検討をしている人のために、特別価格の書籍販売もします。デザイン教育に関わる方には、必聴のフォーラムだと思います。


●日程:2月27日(金)18:00開場 18:30~20:30
   (終了後、簡単な懇親会がございます)
●会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(六本木)
    港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5Fリエゾンセンター
    http://www.designhub.jp/access/
●主催:(公社)日本インダストリアルデザイナー協会
                          教育委員会・東日本ブロック
●協力:(公財)日本デザイン振興会(予定)
●協力:日本デザイン学会プロダクトデザイン研究部会
●参加費(懇親会費含む)無料になりました。
●書籍費「プロダクトデザインの基礎」
  参加者・特別価格¥2200(税込み)
●詳細・申し込み:http://www.jida.or.jp/site/information/kinenforum

●プログラム:
1)基調講演「デザインと人生」
  坂井直樹(ウォーターデザイン代表、コンセプター)

2)パネルディスカッション「デザイン教育と課題」
  ・中林 鉄太郎(テツタロウデザイン代表、東京造形大学・准教授)
  ・塚原 肇(実践女子大学・教授)
  ・石田聖次(LIGHTSCENE代表、共立女子大学・非常勤講師)
  ・コーディネーター:山崎和彦(千葉工業大学・教授)
●懇親会
  ・「プロダクトデザインの基礎」編集・執筆者挨拶


坂井直樹氏プロフィール
1947年京都府生まれ、京都芸術大学に入学し、渡米後87年日産「Be-1」をプロデュースしフューチャーレトロブームを創出。2004年株式会社ウォーターデザインを設立。以降、数多くのプロダクトを手がける。2013年3月まで慶應義塾大学SFC教授に就任し、現成蹊大学客員教授。

コメント

人気の投稿