UX/HCD in 京都 参加募集開始

みなさん、今年も京都で集まりましょう。

==============================
恒例となっている京都でのイベントを企画しました。

今回は、HCD/UXに関わる3つの特集を企画しました。
特集-1はUXとサービスデザインに関する話題、特集-2:はHCD-net関西支部での医療機器メーカーのユーザビリティの活動、特集-3は4月より世界的視野で京都で活動を開始たKYOTO Design Lab.の活動の話題を提供していただき、参加者でディスカッションを深める予定です。

また、パネル発表では、人間中心設計、インタラクション、ユーザーエクスペリエンスに関わる研究や事例、提案などを幅広く募集しています。パネル発表形式は、ポスター発表やデモ発表など自由です。

お申し込みを開始しました。毎年、定員一杯になりますので、お早めにお申し込みされることをお勧めします。

■第49回HCD-Netサロン UX/HCD in 京都
■日時:2013年1月30日(金)17:00~20:00 (受付:16:30~)
■会場:京都工芸繊維大学(地下鉄松ヶ崎駅より徒歩8分)
           http://www.kit.ac.jp/01/01_110000.html
           60周年記念館1階講義室
           http://www.kit.ac.jp/01/gakunaimap/matugasaki.html
■主催:人間中心設計機構
         京都工芸繊維大学工芸学部櫛研究室
■参加費:会員:2,000円、学生会員:無料
             一般:5,000円、一般学生:1,000円
■申込:http://www.hcdnet.org/event/hcd-net-salon/49hcd-netuxhcd_in.php

17:00-17:05 ごあいさつ:山崎和彦(千葉工業大学・教授)

17:05-17:40 特集-1:UXとサービスデザイン
・「UXマップ作成を通じた、マーケティング活動(仮)」
     株式会社ワコール 広報・宣伝部
・「サービスデザインの活動(仮)」
     長谷川敦(コンセント株式会社・代表)

17:40-18:05 特集-2: 医療機器メーカーのHCD
・「医療機器のユーザビリティについての勉強会」活動について
      水本 徹氏(HCD-Net広報社会化事業部 関西支部長)
・「文化や言語を超えてわかりやすい表現を目指した、企業の壁を越えた連携」
    大倉 友里 氏(株式会社堀場製作所 コーポレートコミュニケーション室)
・「“使いやすさ“を具現化するために 
     ~ユーザビリティ要求の仕様への展開とユーザビリティ評価指標の設定~」
    木田 親司 氏(シスメックス株式会社 品質保証本部 品質保証部)

18:05-18:50 特集-3: KYOTO  Design Labの活動
・「インクルーシブデザインとKYOTO Design Lab(仮)」
     ジュリア・カシム(京都工芸繊維大学・特任教授)
・「KYOTO Design Lab.の活動(仮)」
     櫛勝彦(京都工芸繊維大学・教授)

19:00-20:00 パネル発表およびディスカッション

コメント

人気の投稿