前期修士研究発表会 2014

山崎研究室/安藤研究室に所属している院生及び大学院研究生の前期研究発表会を開催します。前期でまとめることで、研究の足がかりができてきます。

まだまだ未熟な研究内容ですが、参加者の方からアドバイスをいただきながら、後期の研究に結びつけていきたいと考えています。参加希望の方は山崎または安藤先生にご連絡ください。

タイトル:前期修士研究発表会
日時:7月31日(木)09:00-12:30、14:40-18:00
場所:千葉工業大学津田沼キャンパス7号館1階フレキシブルワークスペース
主催:千葉工業大学工学部デザイン科学科山崎研究室/安藤研究室

■修士2年生 09:00-12:20 (発表12分、質疑8分)
・飯田哲也「メタファを生かしたプロダクトデザインの研究」
・河西真柚子「自分を分析・明確化し、目標を見つけ伝えるためのパーソナルブランディング手法の研究」
・木村 和寛「ブランド体験を考慮したインタラクションデザインの研究」
・酒井芳樹「複雑なインターフェースを分かりやすくするためのデザインアプローチの研究」
・柴田詠一「コンテクストを活用したプロダクトデザインの研究」
・休憩(10分)
・Idora Ilyanee「A Research on Design Approach Based on Culture Differences」
・田中一丸「“やってあげる”行為に着目したデザインアプローチの検討」
・登尾和矢「ソーシャルデザインにおけるアイディア表現方法の検討」
・宮川真道「コミュニケーションツールにおける感情を伝えるための動きの研究」

■修士1年生 14:40-17:20(発表10分、質疑5分)
・伊藤 孝幸「ユーザー体験を考慮したプロジェクションマピングを用いたプロトタイプ作成手法に関する研究」
・木内孝昌「参加型デザイン手法を活用したUI デザインの研究」
・後藤洋介「人を惹きつける映像制作の研究」
・T ウーレン 「文化特性を活かしたブランディングの研究」
・中田成人「視覚表現の工夫によるブランド体験の研究」
・休憩(10分)
・長塩真也「ユーザーの視点を考慮したBtoBインタフェースの研究」
・村井貴行「航空業務におけるインタフェースデザインの研究」
・趙雪陽「サインデザインの研究」
・佐藤忠輔「地域課題の解決を目指したソーシャルデザインの考え方とアプローチ」

■大学院研究生 17:30-18:00 (発表10分、質疑5分)
・山砥克己「プロダクトデザインプロセスにおける知覚尺度」
・矢崎智基「HCDに基づく革新的サービス・プロダクトを創出するデザイン手法の研究」

コメント

人気の投稿