HCD研究発表会 @ 後楽園




12月14日は、恒例となったHCD研究発表会が、後楽園の隣の文京シビックセンター26階のホールで開催されました。窓から後楽園を見ると、あたりは、クリスマスの飾り付けがきれい。

山崎研究室からは、下記の5名が発表しました。学生は、けっこう緊張して発表したようですが、なんとか終了しました。15件の口頭発表のうち、安藤研の学生1名を加えて、6名が千葉工大でした。来年は、他の大学も発表してくれるとよいですね。

「文化特性を考慮した観察手法としてのKH法の提案」
              浅野 花歩氏              千葉工業大学大学院
「ブランド体験を考慮したエクスペリエンスデザインの手法の研究」
              黒坂 晋氏 、山崎 和彦氏               千葉工業大学大学院
「人の行為を促すプロダクトデザインの研究」
              脇屋 玲央氏              千葉工業大学大学院
「人の興味を惹くインタラクションデザインの研究」
              小畑 一真 氏 、山崎 和彦氏             千葉工業大学大学院
「体験の視覚化手法についての考察」
              山崎 和彦氏              千葉工業大学





発表の後に、表彰式。
表彰式では、NECの河野さんが優秀講演賞「UCD効果分析のための実践的アプローチ」 を受賞して、かほちゃんが「研究奨励賞」を受賞しました。素晴らしい。


そのあとに、HCD-Netの理事会があり、打上は、後楽園で北海道の味を楽しみました。帰りは、東京ドームで嵐のライブがあったようで、地下鉄の駅は大渋滞でした。



コメント

人気の投稿