テクノロジーアート 2012


本年度の「テクノロジーアート」の授業を開始しました。


グラフィックデザイナーのポール・ランドは、「デザインは形と中身を一緒にする手法。デザインはアートでもあるし、デザインをアートにすることもできる」と言っています。「これからのデザインには、アートという視点も大切」という観点より、テクノロジーアートをアーティストと作品から学んでいきます。

この授業は、3人のアーティストの特別講義と3カ所の見学があります。今年は、鈴木康宏さんの特別講演とワークショップも楽しみです。また、今年も石黒猛さん筒井真佐人さんの特別講義もあります。


09月19日(水) イントロダクション:授業の狙い、テクノロジーアートとは
09月24日(月) 講義:プロダクトにおけるテクノロジーアート
10月01日(月) 講義:音におけるテクノロジーアート
10月15日(月) 特別講師:石黒猛さんの作品とアプローチ
10月22日(月) 講義:Webにおけるテクノロジーアート
10月29日(月) 特別講師:筒井真佐人さんの作品とアプローチ
11月05日(月) 講義 科学におけるテクノロジーアート
11月12日(月) 見学:日本科学未来館
11月19日(月) 講義:CG映像におけるテクノロジーアート
12月03日(月) 特別講師:鈴木康宏さんの作品とワークショップ
12月10日(月) 講義 :ゲームにおけるテクノロジーアート
12月17日(月) 見学:森美術館
01月21日(月) 講義:インタラクションにおけるテクノロジーアート
01月25日(金) 見学:東京都現代美術館
01月28日(月) 提案 :テクノロジーアートの提案

・これまでのテクノロジーアートはこちら

コメント

人気の投稿