情報デザインフォーラムの募集


情報デザインフォーラムでは、「情報デザインの教室」に引き続いて「情報デザインのワークショップ(仮)」という本の作成を議論しています。

この本は、情報デザインの初心者がワークショップを通して学ぶための本を作ることを目的としています。そして、情報デザインの初心者がワークショップを通して情報デザインの基礎を学ぶために、以下のような構成を検討しています。
1.情報デザインの基礎とワークショップを知る
2.情報デザインの基礎をワークショップで学ぶ
3.情報デザインのワークショップの事例を知る

そこで、まずは「情報デザインに関連する多様なワークショップを、みんなで知ろう」ということで、下記のフォーラムを開始します。この日だけ30個以上のワークショップを知ることができると思います。

情報デザインフォーラムは1年間に2回の大きなイベントをやってきましたが、9回目ということで、5年目に突入です。

皆さんのお越しをお待ちしております。いつものことですが、すぐに定員が一杯になってしまうと思いますので、お早めに申し込まれることをおすすめします。

===========================
■第9回情報デザインフォーラム
■日時:2012年5月4日(金)13:00~17:00
■会場:横浜デジタルアーツ専門学校新横浜3号館401セミナールーム
■主催:情報デザインフォーラム・横浜デジタルアーツ専門学校情報デザイン研究室
■テーマ:情報デザインのワークショップ
■内容:現在編纂中の教科書「情報デザインのワークショップ」の編集会議で、情報デザインフォーラムメンバーが実践している体験型授業やワークショップの棚卸を行ったところ。まるで、この数年間の情報デザイン教育の上質なアーカイブであることが明らかになってきた。
折角なので、編集会議でいくつかに絞りこんでしまう前に、全体像を公開しようということになった次第である。
情報デザインの教育に関わる方々には、近年に無く必聴のセミナーだと思われる。


■タイムスケジュール
受付開始:12:30
オープニング:13:00
第1部大学でのワークショップ(13:10~14:50)
□山崎和彦(千葉工業大学教授)
 情報デザインのワークショップ・プロジェクトと体験ワークショップ事例(30分)
□原田 泰(公立はこだて未来大学教授)
 インフォグラフィックスを通して学ぶコンテンツ・デザイン(20分)
□上平崇仁(専修大学教授)
 デザインワークショップの故きを温ねて新しきを知る試み(20分)
□安藤昌也(千葉工業大学准教授)
 写真を使った価値マップによるサービスアイディア発想WS(20分)

第2部社会人のためのワークショップ(15:10~16:50)
□木村博之(チューブグラフィックス代表)
 インフォグラフィックスは自分で考え行動させるためのキッカケデザイン(20分)
□小路晃嗣(デザインマネージャー)
 組織におけるワークショップの目的とその運営のためのポイント(20分)
□脇阪善則(楽天編成部)
 UX TOKYOとワークショップ - サード・プレイスとしての機能と役割 -(20分)
□浅野 智(横浜デジタルアーツ専門学校)
 企業にHCDを根付かせるワークショップとその開発(20分)

■パネルディスカッション:17:00~18:00
 講演会場後部で、各大学ゼミで行われたワークショップのパネル展示と学生の発表あり。飲み物と簡単なスナックを片手に議論を深めていただきたい。

1)インフォグラフィックス ワークショップ4in 静岡
  常葉学園大学造形学部4年 杉本知穂
2)シビックプライド醸成に向けた歴史地図の提案
  常葉学園大学造形学部3年 星野綾音、杉田麻耶
3)ワークショップの事例紹介
  専修大学 上平崇仁教授
4)スマイルマテリアルプロジェクト
  黒坂 晋 千葉工業大学 山崎研究室 修士2 年
  青木 大地 千葉工業大学 山崎研究室 修士1 年
5)TSUNAGIプロジェクト
  平子 元 千葉工業大学 山崎研究室 修士1 年
  清水 康秀 千葉工業大学 山崎研究室 修士1 年
6)焼きおにぎりトースター
  Tumur Oulen 千葉工業大学 3年
7)ヒューマンインタフェース授業事例報告
  成安造形大学 大草真弓准教授
8)お母さんのためのアプリケーション提案
  成安造形大学 学生3名

■定員:80名
■会費:2000円(学生無料)
■パネルディスカッション:17:00~18:00
講演会場後部で、各大学ゼミで行われたワークショップのパネル展示と学生の発表あり。飲み物と簡単なスナックを片手に議論を深めていただきたい。
■懇親会:定員40名
新横浜近辺の居酒屋(会費:3500円程度)
■申し込み:4月4日よりここのリンクより申込開始

これまでの情報デザインフォーラムの活動はこちら

コメント

人気の投稿