地域と地球を楽しくするためのデザインワークショップ


山崎研究室では、年末に(株)ナカダイ・前橋支店で、ワークショップを計画しています。

詳細は企画・運営メンバーで検討中ですが、下記のような概要です
。これは通称ナカダイ・プロジェクトと言われている、(株)ナカダイの中台さんとのプロジェクトです。

趣旨:デザインの力で、社会をもっとよくすることができると信じています。そんな力を、さらに身につけるために、このワークショップを開催します。

今回は、中間廃棄物を活用して変革を推進している(株)ナカダイの中台さんをアドバイザーに、工場見学(観察)、発想、視覚化、提案という流れで、1日の活動をします。

また、参加可能な人は、前日より現地に行って、事前見学、ワークショップのデザイン(準備)やクリスマスパーティもやりたいと思います。

今回のワークショップの一連の活動のプロセスや成果は、展覧会出展、商品化、出版化など、社会化することを目標とします。

タイトル:地域と地球を楽しくするためのデザインワークショップ
日程:12月26日(月)08:00-18:30 (可能な人は、25日(日)14:00-17:00)
場所:(株)ナカダイ・前橋支店(群馬県前橋市駒形町1326)JR駒形駅
主催:千葉工業大学デザイン科学科山崎研究室
スケジュール:

25日(日)ワークショップのデザイン(企画運営委員および事前参加可能な人)
14:00-15:30 事前見学および中台さんと進め方の相談(観察・検討)
15:30-17:00 ワークショップのデザイン(企画・準備)
18:30-21:00 クリスマスパーティ

26日(月)ワークショップの本番
08:00-08:30イントロダクション
08:30-10:30 中台さんのお話と工場見学(観察)
10:30-12:00 見学の分析とアイデア展開(分析、発想)
12:00-16:30 視覚化(制作)
16:30-17:00 ミニ展覧会準備
17:00-18:00 ミニ展覧会とディスカッション
18:00-18:30 片付け

活動内容:
1)提案チーム:観察から地域・地球を楽しくするための提案をする 提案は、企画、プロダクト、空間、サービス、インフォグラフィック、広告、映像等  提案は、工場の廃棄物を活用して作成することもできる
2)ドキュメンテーションチーム:活動を記録してメディアとして表現する ドキュメンテーションはリアルタイムドキュメンテーションと記録のためのドキュメンテーション

関連情報:

コメント

人気の投稿