東大でプレゼン

日本デザイン学会秋期大会は東京大学の本郷で開催。

今回は山崎研究室からはM1が4名と、3年生が1名の合計5名が参加。4年生は、同時に行われていたデザインフェスタに出動していました。

柴田君は、3年生からただ一人で発表しに来ました。富士通デザインへの提案したパネルやプロトタイプを展示しました。一人でも参加することがえらい。
M1のヤン君は、今回が学会デビュー。初めての経験で緊張気味です。発表内容は、携帯電話のカラーの研究ですが、まずは観察調査結果をまとめています。
M1の黒坂君は、新しいエクスペリエンスマップを高橋先生に説明中。
小畑君は、距離に対応するインタラクティブな作品を紹介。小畑君の発表は「優秀賞」を受賞しました。素晴らしい。
M1脇屋君は、アフォーダンスを活用した家具のデザイン。実際のプロトタイプを会場に運んで展示した。
日本デザイン学会での活動はこちら

コメント

人気の投稿