奈良でワークショップと一杯

奈良でユーザーインタフェースの集中研修の講師をしてきました。2日間、フルにユーザーインタフェースの基礎を学び、ワークショップで実践するプランです。

初日は、インタビューから開始して、提供価値分析、現状リスト、現状シナリオ、提案リスト、提案シナリオまで半日でまとめていく。翌日は、発想して視覚化、評価まであるので、けっこう、忙しい。

今回は「魅力的なユーザーインタフェース」ために、「アプローチ方法」と「発想方法」を重視した構成にしました。
夜は、デザインセンターの福田さん、UIセンターの倉持さん、研修センターの人と、老舗の梁山泊で一杯。
ここのお店の料理は、おいしいだけでなく美しいのが特徴。奈良の老舗の料理店だが、料理人は全員が石川県出身だとか。最初に、いきなり雪のかまくらのようなお刺身の盛り合わせ。
やはり、こちらでは「はも」ですね。
これは、、?
最後に、ホテルフジタ奈良のBarのOld timeで一杯。タンカレーのマティーニを注文してから、この日が誕生日だったことを思い出した。

コメント

人気の投稿