大学院特別講義2011を開始

昨年度よりデザイン科学科で開始した大学院特別講義、今年も担当することになりました。

2年目ですが、今年も昨年度と同様に、すばらしい講師が来てくれるのが、ありがたいです。



授業:大学院特別講義  日時:毎週水曜日16: 20より 17:50
場所:千葉工業大学津田沼キャンパス 7号館7404教室


o4月20日(水) 小池 禎(オムロンヘルスケア/デザイン室長)カーデザイナーからオムロンヘルスケアのデザイン室長へ転身した小池さん。柴田文江さんや廣村正彰さんとのコラボレーションなど、新しいブランドイメージを作り上げている。

o4月27日(水)澄川伸一 (澄川デザイン事務所/代表)SONYのデザインセンターから独立した澄川さん。世界をめぐり、美しい造形のデザインをつくりあげている。

05月11日(水)橋本潤 (フーニオデザイン・代表)ミラノサローネ出展、世界を変えるデザイン展の空間デザイン、プロトタイプ展など、多彩な活動をしている空間デザイナー。

05月18日(水)三木健 (三木健事務所/代表)五感を生かしたデザイン、平和紙業のプロモーション、世界グラフィックデザイン会議コングレスキットなどのアートディレクター、グラフィックデザイナー。

05月25日(水)中川 聡( 東京大学/特任教授)ユニバーサルデザイン、期待学、JALのUDなど多彩な活動しているデザイナー、研究者。今年も、講義とワークショップを開催予定。

06月01日(水)木村博之 (Tube Graphics/代表)長野オリンピック、マップのデザインなどインフォメーショングラフィックスの第一人者。

06月08日(水)佐々木千穂( インフィールド/代表)IDEO出身で、ユーザー観察を通して、「共感」から発想することを実践している第一人者です。今年は、講義だけでなくワークショップもやろうかと相談しています。

06月15日(水)廣村正彰 (廣村デザイン事務所/代表) 田中一光事務所を経て独立。日産デザインセンターCI、横須賀美術館サイン、などサインなど空間を考慮するグラフィックデザイナー。

06月22日(水)小泉望聖 (イメージソース/ディレクター)世界をかけめぐっている、ユニクロのWebなどインタラクティブデザインのディレクター。

06月29日(水)小林茂 (IAMAS/准教授)Gainerなどを活用したプロトタイプなど、インタラクティブなデザインの専門家。今年も講義のあとにArudinoのワークショップを開催予定。

07月06日(水)黒川雅之( 黒川雅之設計事務所/代表)プロダクトと建築を中心に、多彩な活動を展開。GOMシリーズ、Kシリーズなど長く作り続けている製品シリーズも多い建築家・プロダクトデザイナー。

07月13日(水)ナツメトモミチ (ナツメモトミチ事務所/代表)明確なコンセプトを作り、インテリアや家具のデザインに落とし込むインテリアデザイナー。

07月20日(水)福田哲夫 ( 産業技術大学院大学/教授)新幹線700系のデザインなど多様なトランスポーテーションを手がけるプロダクトデザイン。今年も、講演とスケッチワークショップも開催予定。

07月27日(水) 山崎和彦 (千葉工業大学/教授)まとめをします。

2010年度の大学院特別講義はこちら

コメント

人気の投稿