京都で、インタラクションとHCD

毎年、恒例になってきた「HCDとインタラクション in 京都」では、今回は80名以上の参加者でした。受付は、水本さんと高道さんが担当してくれました。

田輪さん、福田さんと八田さんの話題提供では、いろいろな事例を知ることができました。特に、最後の八田さんのお話は、毎年、いろいろなネタを提供してくれる。

その後のパネル発表と懇親会では、それぞれのグループができて、ディスカッション。

僕も、最初は院生のパネルを張って説明。稲葉君の「イノベーションのためにユーザー調査結果の分析手法の提案 」と上田さんの「高齢ユーザーを対象とした製品調査手法の研究」を説明しましたが、観察調査の分析法にとても興味を持つ人が多かったです。途中から、いろいろな人と話の方へ行ってしまいました。


■プログラム
17:00-17:10 「インタラクションとHCD」、山崎和彦氏(千葉工大・教授)

17:10-17:40 「オーバルにおけるインタラクションデザインの事例」、田輪恭久氏(オーバルプラン・代表)

17:40-18:10 「シャープにおけるUI開発の事例とUIへのアプローチについて」、福田江貴氏(シャープ・デザインセンター)

18:10-18:40 「インタラクションデザインの現場 ー 現在とこれから」、八田晃氏(ソフトデバイス・代表)

18:50-20:00 パネル発表及びディスカッション
・「NECにおける人間中心設計へのアプローチと事例」、河野泉氏(NEC・UDブランド室)
・「京セラにおける人間中心設計へのアプローチと事例」、長谷川純一氏(京セラ・ユーザビリティ課)
・「シスメックスにおける人間中心設計へのアプローチと事例」、三島義博氏(シスメックス・デザインセンター)
・「自社開発のiPadアプリ、RecFinger」、中内淑文氏(ユニックスデザイン)
・「ユーザビリティ評価手法SUMとそのソフトウェアの紹介」、上原 信哉氏(和歌山大学)
・「情報操作機器におけるフローデザインパターンの構築および提案」、和田 智紀氏(和歌山大学)
・「コンセプト・リファイン方法の研究 ーストーリーボーディングの提案ー」 、浅野智氏(横浜デジタルアーツ専門学校)
・「経営•組織デザインに生かすHCD ーペルソナ手法の活用」、吉井誠氏(アイ•エス•テイ)
・「サイト固有のカテゴリ構造を考慮したサジェストインタフェースの提案」、木村久美子氏,堀 雅洋氏(関西大学)
・「利用者参加型のスポーツ遊具開発 ユニビークル」、梶川伸二氏(GK京都)
・「シスメックスにおけるペルソナによる開発プロセスへのアプローチ」、水本徹氏(シスメックス)
・「弁当様式のインタフェース:PHOTO Bento、アレックス・コバチ氏、ポール・ワラントン氏、岡澤佳恵氏、中内菜都花氏(京都工芸繊維大学)
・「HCDとインタラクションに関連する活動」、山崎和彦氏(千葉工大)

櫛先生と相談して、来年は、生協に依頼して、懇親会では料理を出そうと思っています。だんたん、京都でのサロンが盛り上がってきましたので、来年もぜひご参加ください。


渡辺さんのBlogも参照
浅野先生のBlogも参照
・これまでの京都での活動はこちら

コメント

人気の投稿