すごい、秋田道夫スケッチワークショップ

秋田道夫さんが、本学でお話をしてくれるのも3回目。今回は「秋田道夫スケッチワークショップ
忘れる前にメモ、

相手が何を欲しているか感じて、それに答えることを考えるのが大切。

Sapperの会の時に、山崎研究室に貼ってあるスケッチを見て、学生たちがスケッチに興味あると思い、今回のワークショップを企画した。

スケッチは誰でも練習すれば、うまくなる。

うまい人とそうでない人の違いは、線にいきおいがあるかどうか。

B5サイズの無印の落書き帳に、一ページにひとつ、10冊ぐらいをまず描がく。まず、数を練習。

「スケッチとは美しき誤解である」。いいスケッチが描けると、自分もいい気持ちになる。

スケッチに距離をおいて、力強いスケッチを描く。

右な斜め上からかく、くせをつける。

みんなで、立って、スケッチを描いてみる。
プロダクトだけでなく、風景のスケッチも描いてみる。
ものを書くと、ものを見えるようになる。

描こうと思うと、より見ないと描けない。
後半は、スケッチのお話。
・ワインクーラーを再現したスケッチ
・フランクゲーリーの初期のスケッチ
・I.M.PaiのワシントンのNational Museumのスケッチ

建築のスケッチから学んでほしい。いわゆる工業デザインのスケッチは、複雑さがポイントになっている。
・シドミードのスケッチ
・いわゆるプロダクトのスケッチ

スケッチに時間をかけるよりも、モデルメーカーやエンジニアと仲良くなるのに時間をかける方が価値がある。

ものごとのはじめは、力のない人から始まる。

明日のことは、そんなにうまくいかないように、思っている。
秋田さんは、今年で3年目ですが、毎年、お話していただいている内容が変化しています。たぶん、今回がもっとも、学生たちの目の色が輝いていたと思います。

秋田さんには、今回も本当に敬服です。来年もよろしくお願いいします。

僕自身、Richard Sapperと仕事をさせてもらって、スケッチに対する考え方は変わりました。「うまいスケッチ」が「よいデザイン」ではない。「スケッチに時間をかけるよりも、すぐに立体にすることに時間をかける、そしてクリエイティブに10%, 仕事がうまくいくようにすることに90%の時間をかける」というのが、 僕の学んだことでした。そして、その考え方は、秋田さんの考えにとても近いと再確認しました。

ただ、だからスケッチが大事でないということではなく、デザイナーがスケッチを描くことが重要であることは間違いないです。だから、学生には、スケッチを学んで欲しいと思い、毎週のスケッチワークショップを始めたのです。



コメント

人気の投稿