プロダクトデザイン(PD)検定制度が公開


プロダクトデザイン(PD)検定制度が、Webサイトに公開されました。






本年9月よりJIDAでは、プロダクトデザイン(PD)検定制度を開始します。
資格は1級と2級の2段階とし、スタートとなる本年は、基本的な知識と技
術を理解していることを資格レベルとする、2級から開始します。

今回、このPD検定開始に向けて webサイト (http://pdken.jida.or.jp/) を
オープンしました。8月からは、この webサイトからプロダクトデザイン検定
の申し込みをすることだけでなく、今後 PD検定に関わる情報を、順次、公
開いたします。

プロダクトデザイン検定制度の実施に向けた説明はJIDAホットライン82号
にてご報告しましたが、以下に概説の実施方法については webサイト をご
覧いただきたくご連絡いたします。

■ PD検定とは : デザイナーとしての専門性の確立と社会的信頼性の向上、
プロダクトデザインの普及・啓発を目的とし、商品開発に関わる全ての人
に向けたプロダクトデザイン関連知識の評価基準となるものです。

■ PD検定2級のレベル : プロダクトデザインに関わる仕事をするにあたっ
て必要とされる、基本的な知識を有しているレベルです。

■ PD検定2級の開始日 : 2010年9月より(申し込みは2010年8月より)

■ PD検定2級に関する詳細情報 : http://pdken.jida.or.jp/

■ PD検定2級試験要項
受験資格 : 制限はありません。どなたでも、受験できます。
試験方式 : 4択問題、100問
CBT方式(コンピュータ上で問題提示および解答を行う)
試験時間 : 90分
受 験 料 : 10,500円(税込)
試験会場 : 会場試験は全国37箇所
団体試験 : 学校や職場で:受験者30名以上で個別の試験が可能です。
試験実施日 : 毎日(受験可能日は試験会場により異なります)・事前予約制
資格登録 : 合格後、資格登録により「PD検定2級資格証」が発行されます。
2級資格登録料 : 10,500円(税込) 資格の有効期限はありません。
合格基準 : 総合得点 70%以上(問題の難易度により多少変動します)
出題範囲 : 公式テキストより出題の予定。

・プロダクトデザイン検定のカタログダウンロードすることができます。

コメント

人気の投稿