地球生活のためのエコデザインワークショップ

今回は、エコデザインのワークショップの講師を担当。

場所は、いつものように渋谷の桑沢デザイン研究所。天気がとてもよく、渋谷の街を通りすぎてNHKまで行く坂道が暑い。

エコデザインでアイデアが行き詰っている学生も多いようなので、今回は「エコデザインの発想のためのヒント」ということをテーマとしました。




今回のエコデザイン展では「地球生活」というテーマで、その地球生活に向けて、どのように進めていくのかアプローチを紹介した。

50分という限られた時間の中で、スケッチ4枚を書くという、忙しいワークショップでしたが、少しは学生のヒントになったと思います。ワークショップでは、下記の三つのステップでの発想を広げる内容でした。

1 エクスペリエンスデザインからの発想
2 シナリオからの発想
3 マトリックス型発想法を活用した発想

今回は、ワークショップを始める前に、桑沢デザイン研究所の工房を見学。コンパクトながら、道具やツールが整然と整理され、とても機能的な印象をうけた。


このエコデザインワークショップでは、学生たけでなくプロも作品を準備する。今年のエコデザイン展覧会は9月なので、実はあまり時間がない。僕の横で、福田先生は自分作品のスケッチを書いています。僕も、そろそろ検討をはじめなくては。

今年のエコデザイン展の情報はこちら

コメント

人気の投稿