ようやく成田に到着、Day8

本日、おかげさまで、無事にミラノ→ローマ→ドバイ→成田に到着しました。

まだ、ミラノに残っている、いわゆるサローネ難民や火山難民となった人たちいるので、残っていいる人には申し訳ありませんが、とりあえずほっとしました。

帰りの航空券を持っていたJALは、当初、4月27日にならないと帰りの予約ができないということで、もったいないですが、別の航空会社を探すことにしました。

アイスランドは北なので、南回りの方が飛行機が飛ぶ可能性があるので、探しているとEmiratesという中東の航空会社がローマ発ドバイ経由成田行きというの飛行機を発見、インターネットから予約しようとしましたが、インターネットはサーバーエラーで予約できず。

そこで、思い切ってEmiratesのローマのカウンターに電話してみると、以外に早く電話に出てくれた。21日発の飛行機に空席がある、値段も1020Euroというリーズナブルな費用なので、予約をお願いした。

クレジットカードで費用を払わないと予約をしないということで、クレジットカード番号を電話で伝えたが、クレジットカード会社より使えないという表示がでる。おかしい、、再度、僕の名前を一文字づつ「Y is Yellow, A is Apple, M is Madrid、、、」という感じで確認をすると、僕の名前を間違って入力したことが判明。再度、クレジットカード会社に問い合せると、OKがでる。

21日は朝5時半に起きて、駅まで移動
ミラノの中央駅を7時に出発。けっこう満員だ。ミラノからローマまで3時間で、東京・大阪という感じだ
ローマからドバイに。ドバイ空港は関西空港のように一本の長い空港。建物はモダンで、ショッピングなどもとても充実している。ドバイ空港で、僕が乗る日本行きの飛行機がJALとの共同運行便だということ知り、頭にきました。なぜ、JALはこの飛行機を紹介してくれなかっただろうか?僕が、JALと次の便の予約を交渉している段階で、ミラノ発でなくてもよいので、どこでもよいから日本へ早く帰れる便を予約してくれと頼んだのに。

Emirates航空はとても、快適でサービスもよかったです。スチュワーデスにとても美人がいて、びっくりしました。アメリカの航空会社の、サービスの悪いおばさんのスチュワーデスとは、雲泥の差があると思いました。

新しくなった、成田エクスプレスにも初めて乗車。天井の照明が白く、オフィスのような雰囲気。
天井には、ディスプレイに情報を表示されているが、あまりこの辺には、こだわりを感じさせない。病院の待合室の表示ディスプレイのようだ。黒と赤はこれまでの成田エクスプレスのブランドカラーだが、それに白とステンレスのアクセントは、キツイ感じだ。
ミラノでの活動はこちらを参照

コメント

人気の投稿