健康のためのデザイン

7月6日の「情報デザイン基礎」の演習も、はやいもので11回目。

この授業では、体験を通して考え、コンピューターは使わずに手と体で表現することを学びます。
10回目からは、情報プロダクトを対象に「健康のためのデザイン」というテーマで、いつものように情報デザインの3つのステップを3週間で学んでいきます。

「健康のためのデザイン」とは、健康であるかどうか把握することが大事なので、健康であるかを計るための情報プロダクトをデザインします。例えば、体温を測る、体重を測る、歩いた歩数を測るなど。

今週は、アイデアを視覚化したペーパープロトタイプを持ち寄って、検討して、アイデアを展開しました。その後に、来週のプレゼンテーションのために、絵コンテづくり。授業の様子はこちらでご覧になれますので、覗いて見てください。

情報デザイン基礎に関してTA五代君のBlog

コメント

人気の投稿